離乳食の開始〜進め方・食べない時のガイド〜>離乳食〜初期のポイント

離乳食初期について

赤ちゃんは生後5〜6ヶ月くらいになると
首が座ってしっかりとしてきます。

この時期に離乳食に変わる最初の段階を迎えます。
sponsored link


離乳食〜初期のポイント

離乳食に切り替わる最初の時期には
「飲み込む」ことに慣れてもらうことが目標です。
ですから、以下のことを意識するようにしてみてください。

・赤ちゃんの機嫌がいい時間帯に離乳食を与える
 (大人の食事の時間に合わせなくて構いません)

・お母さんもゆったりと赤ちゃんの食事を見守る時間帯に離乳食を与える

・この時期はまだ母乳やミルクが基本です。

 離乳食を食べさせてあげた後に、母乳を飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

離乳食と母乳(ミルク)のあげ方

一日目は1さじ。
様子を見ながら、少しづつ量を増やしていきましょう。
一ヶ月を過ぎるあたりで、離乳食を1日に2回に増やしてみてください。

果汁から始めるなど様々な説がありますが、基本は「消化のいいもの」です。

・ビシソワーズ
 (じゃがいものスープ)
・煮うどん
・トマトゼリー
・リンゴとパンのおかゆ
・ニンジンのスープ煮


こういったレシピはインターネットで検索すると色々出てきます。
初期(5〜6ヶ月)の離乳食では、
どろどろしたものを飲み込めるような感じで調理してあげてください。
sponsored link

Copyright(C) 2011 離乳食の開始〜進め方・食べない時のガイド〜 Allrights reserved.